2011年11月02日

12月3・4日開催!みのお市民人権フォーラム26th


今年も「みのお市民人権フォーラム」を開催いたします。
パンフレットも徐々に配布しています。
お近くの施設等で見かけましたら、ぜひ手にとってご覧ください。

ウェブサイトも近日中にアップいたします。今しばらくお待ちください。




    <<<<<<< 開催要項 >>>>>>>


          【統一テーマ】

 いっさいの差別を許さないために話す、語る、伝える、分かち合う


       ●26thフォーラムテーマ●

        がんばるのは私たち

       “今、自分ができること”

     〜であう 考える 行動する〜

・・・

 2011年3月11日、東日本を襲った大地震。
 かつて体験しない大災害から「日本の危機」が叫ばれ、
 いつしか「がんばろう」のスローガンが日本全土をおおう。

 しかし震災から数ヶ月がすぎた今、なおも日常の戻らない
 被災地の姿を、私たちはすりこまれた「がんばろう」という
 言葉の影に追いやってはいないだろうか。

  「がんばろう」は誰にむけられたことばだろう?

  「がんばる」のは当事者だけ?

 被災地のこと、人権のこと、参加者一人ひとりが
 「自分」のこととしてとらえ、考え、行動するきっかけとなるように…

 今年26回目となる人権フォーラムを開催いたします。


          【参加費】

      ★今年初!分科会フリーパス★


《チケットをお持ちの方はすべての分科会に参加できます》

   ●全体会+分科会フリーパス:1,000円

   ●分科会のみ(フリーパス):500円


  ※障害者市民・高齢者市民の介護者は1人無料

  ※18才以下はすべて無料




         
          【全体会】

  12月3日(土)PM12:30開場/1:00開演

  場所:グリーンホール 大ホール


  ◆◇ 講演「震災と貧困から考える、社会と人権」 ◇◆

  講師:湯浅 誠さん Makoto YUASA(内閣府参与)


震災によって厳しい状況下におかれた被災地では、半年をすぎた今も
多くの問題が山積みになっています。しかしそれらの問題は、けして
対岸の火事ではなく、実は現代の日本社会が抱えている問題が震災に
よってあらわになったにすぎません。

90年代より貧困問題に関わり、社会的弱者の問題に取り組んできた
立場から、いま被災地に、日本社会に必要なこととは何か?を
問いかけます。



 ・・☆☆☆ 箕面発!響け被災地へ!  

   東日本大震災復興支援チャリティーコンサート ・・☆☆


    演奏:北芝解放太鼓保存会 鼓吹


「鼓吹」にとって15周年の節目になる年に起こった東日本大震災。
津波や火災によって多数の尊い命を奪われながらも復興に向けて懸命に
生きる被災地の姿は、差別に苦しめられながらも力強く打ち続けられて
きた部落の伝統文化「太鼓」と響きあいました。

箕面から東日本へ、今こそ「太鼓」のパワーを被災地へとどけたい!

北芝の思いを打ち続けてきた「鼓吹」が、「人権フォーラム」を拠点に、
支援の輪を広げます。


posted by じんけん at 10:41| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

25回目、無事終了 #jinkenF

おかげさまをもちまして、25回目の人権フォーラムも無事終了いたしました。お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

全体会をはじめ、分科会も多くの気づきや思いを生みだすことができました。本当はもうちょっといろいろ書きたい思いもありますが、おいおいとご報告できたらと思います。

まずはお礼まで。ありがとうございました!また来年お会いしましょう。
posted by じんけん at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。